辛い時にはいつも本があった

辛い時にはいつも本があった

辛い時、苦しい時、悲しい時に書店に行くといつもその時の気持ちにぴったりの本との出会いがありました。

お洒落・ファッション

【おすすめ本90】『山本あきこの日本一楽しいおしゃれドリル』山本あきこ 家にあるもので変われる

『山本あきこの 日本一楽しい おしゃれドリル』 スタイリスト 山本あきこ 2021年5月 主婦の友社発行 以前にもおすすめ本として取り上げた山本あきこさん。 nonko-h.hatenablog.com ファッションに迷いがではじめる年齢にぴったりの本をたくさん出していらっ…

【おすすめ本82】『人生を変えるクローゼット整理』霜鳥まき子 パーソナルスタイリスト

『人生を変えるクローゼット整理』 霜鳥まき子 2017年 株式会社マイナビ出版発行 ハンガーはとっくに同じもので揃え、 服はシルバー、ゴールド、白、ベージュ、黄色と、 全部グラデーションで同じ向き(私は右利きなので服の正面が左に来るように)に並べら…

【おすすめ本79】『洋服で得する人損する人の服の着方』霜鳥まき子 40歳からの正しいおしゃれ

『40歳からの正しいおしゃれ 洋服で得する人損する人の服の着方』 霜鳥まき子 2017年 大和書房 発行 電車に乗っていると、 同じような服でも着こなしによって素敵に見えたり、そうでなかったりするのがよく分かる。 サイズがあっていない人も多い。 そういえ…

【おすすめ本72】『これまでの服が似合わなくなったら。』山本あきこ ”「40歳、おしゃれの壁」を乗り越える!”

『これまでの服が似合わなくなったら。』「40歳、おしゃれの壁」を乗り越える! 山本あきこ 2019年8月 株式会社幻冬舎発行 この方の本は、 『毎朝、服に迷わない』や『暖かいのにおしゃれになれる』を読んでいたので、 この本を見つけたときはドンピシャのタ…

【おすすめ本67】『パリのマダムは今日もおしゃれ』コロナ禍の中でもおしゃれなアラカン~70代のマダム達

『装いは私のため パリのマダムは今日もおしゃれ』 smile editors編 株式会社KADOKAWA 2020年12月発行 世界中の女性の憧れ、パリジェンヌ、パリのマダム。 この本では、コロナ禍の中でもおしゃれを楽しむパリのマダムが8人紹介されている。 ”装うことは自分…

【おすすめ本64】『パリのおうち時間』 中村江里子 ※パリのロックダウンの中で セゾン・ド・エリコ

『パリのおうち時間 変わらないこと、変わったこと。私が大切にしていること。』 中村江里子 扶桑社 2021年5月 発行 ご主人は結婚当時から、月の半分はパリを離れている生活。 だがこのコロナ禍の中、出張はなくなりパリのロックダウンの中、 家の中で朝から…

【おすすめ本15】女優の箪笥 室井滋

「軽く読めそう~」と思ったが、じっくり読んでしまった。 タイトルは「女優の箪笥」だが、 中には都はるみやフジ子・ヘミングなども。 冒頭の室井滋さんのエッセイは、 喫茶店に入ってきた着物を着た女性(そう若そうでもなくとびきりの美人でもない)が入…