辛い時にはいつも本があった

辛い時にはいつも本があった

辛い時、苦しい時、悲しい時に書店に行くといつもその時の気持ちにぴったりの本との出会いがありました。

【おすすめ本68】『精神科医が教える ストレスフリー超大全』樺沢紫苑 悩み・不安・疲れをなくすリスト

『精神科医が教える ストレスフリー超大全』 樺沢紫苑 2020年7月 ダイヤモンド社発行 『アウトプット大全』がベストセラーになったあと、 次々に”大全”シリーズを出している樺沢先生。 今回は『ストレスフリー超大全』。 内容は、著者の元に寄せられた大量の…

【おすすめ本67】『パリのマダムは今日もおしゃれ』コロナ禍の中でもおしゃれなアラカン~70代のマダム達

『装いは私のため パリのマダムは今日もおしゃれ』 smile editors編 株式会社KADOKAWA 2020年12月発行 世界中の女性の憧れ、パリジェンヌ、パリのマダム。 この本では、コロナ禍の中でもおしゃれを楽しむパリのマダムが8人紹介されている。 ”装うことは自分…

【おすすめ本66】『人生うまくいく人の感情リセット術』 樺沢紫苑 ※悩みの9割が解決できる

『人生うかくいく人の感情リセット術』 樺沢紫苑 三笠文庫 株式会社三笠書房 2019年発行 脳科学で「苦しい」でさえ「楽しい」になる という部分に興味を惹かれて読んだ本。 文庫なので電車でも読めるし、 ヒントになる事がいくつかあったのでご紹介。 この本…

【おすすめ本65】『宮本亜門のバタアシ人生』居場所を見つけた11人の生き方コツ話

『自殺未遂・引きこもり・対人恐怖症・・・・・・すべて経験済み 宮本亜門のバタアシ人生 生き方を見つけた11人の生き方コツ話』 宮本亜門 世界文化社 2008年発行 昔、同僚が『アイ・ガット・マーマン』を観に行くと言ってとても楽しそうにしていた。 以前、宮本亜…

【おすすめ本64】『パリのおうち時間』 中村江里子 ※パリのロックダウンの中で セゾン・ド・エリコ

『パリのおうち時間 変わらないこと、変わったこと。私が大切にしていること。』 中村江里子 扶桑社 2021年5月 発行 ご主人は結婚当時から、月の半分はパリを離れている生活。 だがこのコロナ禍の中、出張はなくなりパリのロックダウンの中、 家の中で朝から…

【おすすめ本63】『大家さんと僕 これから』矢部太郎 ※大家さんと僕の続編

『大家さんと僕 これから』 矢部太郎 新潮社 2019年発行 ↑ ”大家さん”は新宿伊勢丹のヘビーユーザーで、 戦後GHQが新宿伊勢丹を接収した話も載っています 去年(2020年)の11月に初めて読み(その時すでに知名度バツグンの本だったので今更感はあったが)…

【おすすめ本62】『ざんねんな三国志』 真山知幸 劉備・関羽・張飛・諸葛亮もざんねん(?)

『ざんねんな三国志』 真山知幸 株式会社一迅社 2020年発行 真山知幸さんの本は、 以前『企業としてみた戦国大名』が面白かったので、 三国志を読む前に、三国志に出てくる登場人物に興味が湧くかもとこの本をチョイス。 nonko-h.hatenablog.com この本をお…

【おすすめ本61】パリジェンヌのつくりかた カロリーヌ・ド・メグレ他

パリジェンヌのつくりかた カロリーヌ・ド・メグレ、アンヌ・ペレスト、オドレイ、ディワン、ソフィ・マス 古屋ゆうこ訳 早川書房 2014年初版発行 主人が前にヨーロッパ亡国の会社で働いていた頃、 フランスなどで会議(と言う名のそれぞれの国の社員を集め…

【おすすめ本60】ヒエログリフで学ぼう! 吉村作治著 ※古代エジプトの歴史が楽しく学べる!

『ヒエログリフで学ぼう!』 早稲田大学教授 吉村作治著 荒地出版社 2004年初版発行 読んでいて(ヒエログリフのイラストがたくさん載っているので読むだけでなく眺めて)、本当に楽しい本だった。 この本を読んでいてふと思い出したのだが、 私は大昔に彼の…

【おすすめ本59】観察力を磨く 名画読解 エイミー・E・ハーマン アート分析する力を仕事に活かす!

自分的に久々の大ヒット本! 絵が好きで美術館にもたまに行く。 だが、この本にあるような観察という視点から絵を観たことは無かった。 なので、最初はアートをそのような視点で捉える事にちょっとした違和感があった(アートは感覚で観るものじゃないの?と…

【おすすめ本58】宇宙とつながる”お部屋の魔法” 山田ヒロミ ※生まれ変わったみたいに人生にいいことが一杯起こる本

『宇宙とつながる”お部屋の魔法”』 山田ヒロミ 2020年 大和出版 ”空間で人生はどうにでも変えられます。まるで、あなたは望む未来にタイムスリップしたかのよう。” これは本書の表紙カバーにあった一文。 確かに部屋って、その時の心理状態とかを表していた…

【おすすめ本57】LIFE SPAN ライフスパン 老いなき世界 デビッド・A・シンクレア

『LIFE SPAN 老いなき世界』 デビッド・A・シンクレア/マシュー・D・ラプラント著 梶山あゆみ[訳] 東洋経済新報社 2020年9月発行 この本は、とても話題になったし、 本屋でも平積みになっていたので知っている人が多いだろう。 本の厚さにひるむ人…

【おすすめ本56】伝わるメール術 平野友朗 ビジネスメールの正しい書き方

『伝わるメール術 だれも教えてくれなかったビジネスメールの正しい書き方』 平野友朗 2019年 株式会社技術評論社 ビジネスメールは、相手に誤解を与えないのが一番大事だと思うから、 ある程度型にはまった書き方を心がけている。 でも、たまに何が本当なの…

【おすすめ本55】人生は楽しいかい? ゲオルギー・システマスキー著 ロシアの格闘技システマからのヒント

『人生は楽しいかい?』ゲオルギー・システマスキー著 北川貴英 監修 株式会社夜間飛行 2016年6月発行 人生は楽しいかい? あなたはこの問に、心の底から「イエス」と答えることができますか? プロローグの[本書の使い方]は、このような言葉ではじまる。 …

【おすすめ本54】図解でわかる メール営業 平野友朗 ※悩める営業マンを救うメール活用法

『図解でわかる メール営業』平野友朗 株式会社 秀和システム 2018年発行 仕事上でメールのやり取りをする時は、 言葉遣いや内容など、細かいところでちょっと悩むことがある。 この大体はわかるけど”ちょっと迷う部分”を知りたくて手にとった本。 この本を…

【おすすめ本53】台湾調味料いただきます手帖 沼口ゆき 魯肉飯にはホンツォンスー

『台湾調味料いただきます手帖』沼口ゆき 株式会社 誠文堂新光社 2019年7月発行 台湾には何回か行ったことがあり、おととしなどは思いついてすぐホテルを予約。 その位気軽に行ける国。 その楽しみの一つが食べ物。 日本の影響も多く、『日式』なんて看板の…

【おすすめ本52】営業の魔法 中村信仁 (この魔法を手にした者は必ず成功する)

『この魔法を手にした者は必ず成功する 営業の魔法』 中村信仁 株式会社ビーコミュニケーションズ 2007年発行 レビューがとても良いこの本。 そのレビューの良さは何故か知りたくて、読んでみた本。 この本をおすすめしたい人 営業の仕事で悩んでいる人 営業…

【おすすめ本51】学び効率が最大化するインプット大全 精神科医 樺沢紫苑 

『学び効率が最大化するインプット大全』 樺沢紫苑 サンクチュアリ出版 2019年8月発行 おすすめ本40で、 『学びを結果に変える アウトプット大全』 樺沢紫苑 サンクチュアリ出版 2018年発行 をご紹介したが、アウトプットとインプットはセットでということで…

【おすすめ本50】営業の神さま 中村信仁 ※営業の魔法続編(幻の営業マン帰国)

『営業の神さま』 中村信仁 発行所 エイチエス株式会社 発売元 株式会社 無双舎 2011年5月発行 中村信仁氏の『営業の魔法』に出てくる営業マン、神谷が出てくるということで読むのを楽しみにしていた本。 この本をおすすめしたい人 営業をしている人・営業…

【おすすめ本49】営業成績が上がる「一冊一顧客」ノート術 中村信仁 ※営業の魔法作者

[図解]営業成績が上がる「一冊一顧客」ノート術 中村信仁 PHP研究所 2012年発行 営業の時は、小さな手帳を使っていた(取引先の東芝から貰った手帳)のだが、どうしても書くスペースが少ないと思っていたので、この本はその疑問に答えてくれる本になった。…

【おすすめ本48】絶望の隣は希望です! やなせたかし どん底を救ったアンパンマン

『絶望の隣は希望です!』 やなせたかし 小学館 2011年10月発行 ストレスで眠りが浅い日が続き、 気分も沈みがちな時に、タイトルに惹かれて光を求めるように読んだ本。 これが良い本だったので、 年取った両親に贈ろうと思っている。 (新聞を読んでも、テ…

【おすすめ本47】年収1億円になる人の習慣 山下誠司 美容室 アースホールディングス取締役

『年収1億円になる人の習慣』 アースホールディングス取締役 山下誠司 ダイヤモンド社 2018年発行 2019年第11刷発行 私が読んだものは2019年発行のもので、 すでに11刷だったのでかなり売れていた本。 裏表紙に有る写真をみて、スーツの着こなしが普通の経…

【おすすめ本46】『作りたい、贈りたい、71レシピ ムラヨシマサユキのクッキー』ムラヨシマサユキ

『作りたい、贈りたい、71レシピ ムラヨシマサユキのクッキー』 ムラヨシマサユキ 西東社 2020年12月発行 NHKの料理番組「きょうの料理」が好きだ。 その「きょうの料理」にあった、ムラヨシマサユキさんの、 ”みかんのケーキ”に興味を惹かれ(”みかん”とい…

【おすすめ本45】京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男 花房観音

『京都に女王と呼ばれた作家がいた 山村美紗とふたりの男』 花房観音 西日本出版社 2020年7月発行 子供の頃から血が嫌いで、テレビの時代劇も殺陣のシーンが見られないほどだった(特に座頭市は苦手だった) ミステリーも、人が死ぬシーンが嫌で読めないほど…

【おすすめ本44】こんなに簡単!鈴木亮平の中学英語で世界一周!スティーブ・ソレイシィ an・an連載

『こんなに簡単!鈴木亮平の中学英語で世界一周!』 鈴木亮平 スティーブ・ソレイシィ マガジンハウス 2018年4月発行 NHKラジオ第2でやっている、 ”英会話タイムトライアル”という10分間の英会話番組が好きで、 番組が始まったばかりの頃から聴いていた。 …

【おすすめ本43】『母を捨てるということ』 おおたわ史絵 ※大学病院勤務等を経てプリズンドクターへ

『母を捨てるということ』 おおたわ史絵 朝日新聞出版 2020年9月発行 この本の作者、おおたわ史絵さんはTVで拝見して存じ上げていた。 そのTV番組では、歯医者である夫がゴミ出しやらなにやらまでして、 おおたわさんは犬の事ばかりしているという作りの…

【おすすめ本42】『仕事の魔法 営業の次はこの魔法』 中村信仁 ※ラジオパーソナリティもされてます

ついに極意を明かす!営業の次はこの魔法『仕事の魔法』 中村信仁 株式会社ビーコミュニケーションズ 2008年発行 この中村信仁さんと言う方を存じ上げなかったのだが、 ふとしたきっかけで彼の本を知り、ネットで検索してみたところ評判が良いので読んでみた…

【おすすめ本41】『幸せをつかむ!時間の使い方』 和田裕美 ※営業手帳の使い方のヒント

『幸せをつかむ!時間の使い方』 和田裕美 ダイヤモンド社 2006年第2刷発行 今年の手帳を探しに書店に行った時に手にとって気に入ったのが、 この作者の営業手帳。 その手帳を使うようになって、和田裕美さんの著書を読むようになった。 この本を読めば、営…

【おすすめ本40】学びを結果に変えるアウトプット大全 樺沢紫苑 todoリストなど

『学びを結果に変える アウトプット大全』 樺沢紫苑 サンクチュアリ出版 2018年発行 この本はとても売れたわけわけだが、 樺沢先生はyoutubeで5年くらい前からよく動画を見ていたので、 この本がよく売れているのを本屋で見ておーー!、なんて思っていた。 …

【おすすめ本39】運命の仕事に出会う本 人生のわくわくステージに立とう 和田裕美

『和田裕美の 運命の仕事に出会う本 人生のわくわくステージに立とう』 和田裕美 大和書房 2006年発行 仕事は修行と考えていたときは、仕事をするのがとても辛かった。 今考えると、なぜあんなに頑張れたのかと思うけど、 もっと心構えで楽しく、顧客の事も…