辛い時にはいつも本があった

辛い時にはいつも本があった

辛い時、苦しい時、悲しい時に書店に行くといつもその時の気持ちにぴったりの本との出会いがありました。

仕事術

【おすすめ本49】営業成績が上がる「一冊一顧客」ノート術 中村信仁 ※営業の魔法作者

[図解]営業成績が上がる「一冊一顧客」ノート術 中村信仁 PHP研究所 2012年発行 営業の時は、小さな手帳を使っていた(取引先の東芝から貰った手帳)のだが、どうしても書くスペースが少ないと思っていたので、この本はその疑問に答えてくれる本になった。…

【おすすめ本47】年収1億円になる人の習慣 山下誠司 美容室 アースホールディングス取締役

『年収1億円になる人の習慣』 アースホールディングス取締役 山下誠司 ダイヤモンド社 2018年発行 2019年第11刷発行 私が読んだものは2019年発行のもので、 すでに11刷だったのでかなり売れていた本。 裏表紙に有る写真をみて、スーツの着こなしが普通の経…

【おすすめ本41】『幸せをつかむ!時間の使い方』 和田裕美 ※営業手帳の使い方のヒント

『幸せをつかむ!時間の使い方』 和田裕美 ダイヤモンド社 2006年第2刷発行 今年の手帳を探しに書店に行った時に手にとって気に入ったのが、 この作者の営業手帳。 その手帳を使うようになって、和田裕美さんの著書を読むようになった。 この本を読めば、営…

【おすすめ本40】学びを結果に変えるアウトプット大全 樺沢紫苑 todoリストなど

『学びを結果に変える アウトプット大全』 樺沢紫苑 サンクチュアリ出版 2018年発行 この本はとても売れたわけわけだが、 樺沢先生はyoutubeで5年くらい前からよく動画を見ていたので、 この本がよく売れているのを本屋で見ておーー!、なんて思っていた。 …

【おすすめ本39】運命の仕事に出会う本 人生のわくわくステージに立とう 和田裕美

『和田裕美の 運命の仕事に出会う本 人生のわくわくステージに立とう』 和田裕美 大和書房 2006年発行 仕事は修行と考えていたときは、仕事をするのがとても辛かった。 今考えると、なぜあんなに頑張れたのかと思うけど、 もっと心構えで楽しく、顧客の事も…

【おすすめ本34】人に好かれる話し方 和田裕美 【話す事の基礎づくりから始まる本】

人に好かれる話し方 和田裕美 大和書房 2005年発行 仕事の時の話し方にちょっと悩む事がある。 きちんとした態度を取ろうというのを気を付ければ気を付けるほど、 スクエアで当たり障りのない受け答えになってしまうというか。 営業の時などの話はそれほど苦…

【おすすめ本14】絶対にミスをしない人の脳の習慣 樺沢紫苑 (樺沢心理学研究所代表)

この本をおすすめしたい人 「ミス」を引き起こす「脳」の仕組みが知りたい人 仕事のミスが多く「うつ病」の手前ではないか?という自覚がある人 「うつ病」と「ミス」の関係が知りたい人 仕事のHowToではなく、脳科学的な見地からミスを防ぐ方法が知り…

【おすすめ本11】脳内物質仕事術 樺沢紫苑 (エヴァンゲリオンと7つの脳内物質)

休日、朝起きてからの行動で一日がとても違う事に気が付いた。 この本の著者、樺沢先生は”朝散歩”を提唱しているのだが、 平日はできていないが、週末は起きて1時間以内に”朝散歩”をしている。 すると、一日何だかダラダラ過ごさず規則正しい週末を過ごす事…